メニュー

ミノキシジルを成分とした育毛剤

育毛剤として非常に効果が高いといわれているミノキシジル。
高血圧を改善するために開発された薬の成分ですが、副作用として髪の毛の発毛及び育毛が認められたことから別途育毛剤としての効果を目的としての開発が進められた結果、薄毛治療薬としてロゲインという名前の商品で発売されたという経緯があります。

このミノキシジルを成分として市販で販売されている商品が国内にもあります。それはリアップです。
リアップは国内での発毛医薬品として初めて一般用医薬品として発売された商品ではないでしょうか。それまで国で認められた発毛剤というのは聞いたことがない上に、一般用医薬品として発売されているのはこの商品以外にありません。
どうしてもそれ以外の薄毛治療薬は処方箋医薬品という扱いの為、病院での処方箋を必要としてしまいます。その為、手軽に試すことができる最も有効な薬でもあります。

しかしながら、病院で処方される薄毛治療薬は、この市販で販売されている成分よりも濃い濃度て提供されています。
勿論濃度が高ければ、その分効果も高くなることは間違いありません。但し、その分副作用についても強く出てしまう可能性が高いことも事実です。
副作用については、よく耳にするのは低血圧症です。高血圧を下げる薬として開発された為、血圧を下げる効果があります。そのことからも血圧が下がりやすくなるため、低血圧の症状を引き起こしやすくしてしまいます。
その他にも多毛症があります。人間の体毛は髪の毛ではありません。その為、髪の毛以外の毛も増やしてしまうという、若干厄介な症状も発症してしまいます。
また、ホルモンを調整することもあることから、ニキビや肌荒れも発症してしまうようです。
その為にも、濃度が高まる点のリスクは、多少覚悟が必要かもしれません。
ただ、先にも記載したようにあくまでも病院で処方される場合です。病院で処方されるということは、医師との相談あってのこと。医師がいる限り、副作用で悩むようになっても、再度症状を相談することで、別途改善方法を提案してくれるかもしれません。

また、海外で発売されているロゲインは、通販によっても手に入れることができます。
ロゲインの成分濃度は5%に対し、リアップは1%。その為、効き目が弱いところは否めません。医療機関で提供される濃度については医療機関ごとに変わってくる為不明ですが、もしより効果を期待するのであれば、通販で海外で販売されている製品を購入するのもよいかもしれません。